安全報告書


2016年版安全報告書 2016年版安全報告書 2015年版安全報告書 安全利用のしおり


2016年版安全報告書


1.お客様はじめ地域の皆様へ
3.事故等の発生状況とその再発防止措置
5.安全管理体制
7.連絡先
2.基本方針と安全目標
4.輸送の安全確保のための取組み
6.地域の皆様へのお願い



1お客様はじめ地域の皆様へ


  平素から甘木鉄道をご利用いただき、誠にありがとうございます。
当社は、鉄道の果たすべき役割の中で一番重要で基本的なものは、「輸送の安全性」であることを肝に銘じて、
お客様をはじめ地域の皆様から、安全・安心・信頼していただける事業の遂行に努めております。
 また鉄道利用者や踏切利用者のご理解・ご協力のおかげで人身障害事故もなく安定した輸送を行うことが出
来、大変感謝をしております。
  本報告書は、鉄道事業法に基づき、輸送の安全確保のための取組みや安全の実態について、広くご理解
いただくために公表するものです。
  今後とも、ご支援、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。
甘木鉄道株式会社 代表取締役社長 森田 俊介


2.基本方針と安全目標


(1)基本方針
  当社の経営理念の第一は、安全第一の意識をもって事業活動を行うことであり、輸送の安全を確保するための基本的な方針は、次のとおりです。
 ○全役員・社員は一致協力して輸送の安全の確保に努める。
 ○法令及び規程を遵守し、厳正、忠実に職務を遂行する。
 ○常に状況を把握し、確認を励行し、疑義のある時は最も安全と思われる取扱いをする。
 ○事故・災害が発生した時は、人命救助を最優先し、速やかに安全適切な処置をする。
 ○情報は漏れなく迅速、正確に伝え、透明性を確保する。
 ○常に問題意識を持ち、必要な改革に果敢に挑戦する。
(2)安全目標
1986(S61)年4月の開業以降、現在まで優良な運転業務成績を収めたとして、九州運輸局長表彰を連続10期受賞していますが、今後も引き続き次の事項を重点安全課題として、この記録を更新してまいります。
  [運転無事故表彰受賞経歴]
  ・H元年  第1期  ・H 4年 第2期  ・H 7年 第3期  ・H10年 第4期  ・H13年 第5期
  ・H16年 第6期  ・H19年 第7期  ・H22年 第8期  ・H25年 第9期  ・H28年 第10期

 ○衝突・脱線・火災などの重大列車事故を起こさない。
 ○利用者の死傷事故を起こさない。
 ○踏切支障による人身事故を起こさない。


3.事故等の発生状況とその再発防止措置


(1)列車事故
28年度は、大きな事故の発生は無く、安全運行に努めることが出来ました。

(2)踏切障害事故
ア 今年も前年に引き続き0件です。
イ 見透し不良箇所等事故を起こしやすい踏切については改善をしていきます。
 [改善内容]
  ☆通行者(車)から踏切がより鮮明に分かるようにする。
    ・踏切警報機の塗装又は取替
    ・踏切遮断棹の取替
    ・踏切警報灯の全方向型化(LED式)
    ・支障物の除去(草刈り、伐採)等
  ☆列車運転士から踏切の動作状態が分かる踏切動作反応灯を確認しやすいものに取替えていきます。(LED化)

    「踏切種別」
    ・1種踏切:警報機、遮断機付  34箇所
    ・4種踏切:警報機、遮断機なし  2箇所
    (3種踏切:警報機付、遮断機なし  0箇所)

(3)災害
2006年7月の大雨で大板井駅〜松崎駅間の宝満川橋梁の基礎部が洗掘により橋脚が傾き、利用者の皆様には大変なご迷惑をお掛けしましたが、二度とこのような事故を起こさないために入念な保守点検を実施しております。
又、毎年秋には川の頭首工操作により水を落とし、防護ネットのめくれがないか、栗石工が流失し洗掘していないかなど、河床全体を調査し安全を確保しております。
(今年の梅雨による設備被害はありません。)

(4)輸送・人身障害(列車の運転を休止したもの)

件数 運休(本) 内  容
2014
(H26.4〜H27.3)
車両故障により運休
台風接近に伴う風害の影響による運休
2015
(H27.4〜H28.3)
32 台風接近に伴う風害の影響による運休
17 車両故障により運休
86 雪害の影響による運休
2016
(H28.4〜H29.3)
熊本地震の影響による運休
集中豪雨の影響による運休
運行システム不具合による運休
線路支障による運休

(5)インシデント(事故の兆候)
前年に引き続き、九州運輸局へのインシデント報告は0件でありました。

(6)行政指導等
前年に引き続き、行政指導等はありませんでした。


4.輸送の安全確保のための取組み


(1)設備改善計画
平成27年度から平成31年度までの5年間の実績・計画

項  目 平成27年度
計画
平成28年度
計画
平成29年度
計画
平成30年度
計画
平成31年度
計画
運転状況記録装置取付 2両 - - - -
レール交換 L=1,202m
(50Nレ-ル)
L=1,436m
(50Nレ-ル)
L=1,025m
(50Nレ-ル)
L=1,175m
(50Nレ-ル)
L=1,175m
(50Nレ-ル)

踏切動作反応灯取替

踏切数:1箇所 - - - -
踏切遮断機取替 取替数:20台 取替数:20台 取替数:16台 - -
軌道道床交換 - 松崎〜今隈間
40m
松崎〜今隈間
40m
太刀洗〜高田間 
40m
太刀洗〜高田間 
40m



(2)部内会議の充実
甘木鉄道では、、各部門長会議を積極的に行い、各分野において、安全輸送に関しての懸案事項等を出し合い、またそれに対する対策など協議し、常にお客様に安心・安全・安定した輸送を提供してまいります。

(3)重点安全施策
甘木鉄道として、次の基本的なことを徹底し、ヒュ-マンエラ-をなくしていきます。
  @『安全第一がすべての基本』であることを再認識していきます。
  A自ら責任を果たし、基本の手順、取扱いを厳守していきます。
  Bお客様の命を預かっているという危機管理意識を持って、自らの仕事、責任を果たしていきます。
  C日常業務は、けじめを持って、気を緩めず、真面目に、自らを律していきます。
  D常日頃より、自らの健康にも気をつけて、徹底した健康管理をしていきます。

(4)部外者講習会の実施
鉄道警察隊、甘木・朝倉消防本部のご協力を得て、鉄道テロ発生時の連絡方法やAED(自動体外式除細動器)
  ・初動救命救急法の特別講習会を実施しました。
テロ発生時または緊急救命が、発生した場合に速やかに対処出来るよう今後も継続的に訓練を行います。
外にも乗務員の訓練は年4回(車両設備、規定等の確認)実施しています。





5.安全管理体制



社長をトップとする安全管理組織を構築し、各責任者の責務を明確にして、安全確保に努めています。



役  職 役  割
社長 輸送の安全の確保に関する最終的な責任を負う。
安全統括管理者(運輸部長) 輸送の安全の確保に関する業務を統括管理する。
運転管理者(運輸課長) 安全統括管理者の指示の下、列車の運行、運転士の資質の保持その他運転に関する業務を管理する。
施設管理者(施設課長) 安全統括管理者の指揮の下、鉄道施設(電気関係を除く。)に関する事項を統括する。
電気管理者(電気課長) 安全統括管理者の指揮の下、鉄道施設の電気に関する事項を統括する。
車両管理者(検修課長) 安全統括管理者の指揮の下、車両に関する事項を統括する。
乗務員指導管理者(助役) 運転管理者の指揮の下、運転士の資質の保持に関する事項を管理する。
総務部 (総務営業部長) 輸送の安全確保に必要な設備投資・人事・財政に関する事項を担当


6.地域の皆様へのお願い


(1)「踏切事故防止の知識」
<踏切の正しい渡り方>
・踏切は必ず一旦止まって左右の安全を確認し、前方の道路が空いてから踏切内に進入しましょう。
(警報機が鳴り始めたら絶対に踏切内に入らないでください。)
<もしも、車が踏切内に閉じ込められたら>
・慌てず、迷わず、車をゆっくり前進させてください。そのまま前進させることにより遮断棹は45°に開き脱出できます。
(遮断棹を折損した時は、ただちに取り除き甘木鉄道まで連絡をお願いします。後続列車への危害防止のため)
※車が踏切内で立往生したら、まず列車を止める手配をお願いします。

(2)こども110番
甘木鉄道甘木駅は、地域の子供たちを守るため「こども110番」の駅となっています。
子供が助けを求めてきた時は、社員が保護し、警察へ通報するなどの対応をします。
また列車内での不審者や不審物・痴漢行為については、警察関係と連携協力の体制を強化してまいります。

(3)線路妨害について
<沿線の各小学校へ指導のお願い>
毎年4〜5月頃になると置石が多発する傾向があります。
置石は、列車運行の安全を脅かす非常に危険で悪質な行為ですので絶対にこのようなことはしないで下さい。
置石を発見した時は、直ちに警察へ通報するとともに沿線の方々へも置石防止についてのご協力を求めています。

件数(置石) 線路内立入
2014
2015
2016

(4)乗車マナーについて
駆込み乗車は大変危険ですから、絶対にしないでください。
また、ホームや車内での座込みは、他のお客様のご迷惑となりますし、お客様同士の足がからみケガをする危険性がありますから、止めてください。
安全で快適な駅や車内とするために、乗車マナーを守りましょう。
※お客様のマナーも随分と良くなり、座り込みはなくなりました。

(5)テロ対策
車内で不審物を発見した時は、決して触らず、直ちに乗務員か甘木駅へ連絡してください。
【注意】
・踏まない ・触れない ・蹴飛ばさない ・匂いをかがない

(6)運行情報提供システムの充実
甘鉄HPから、現在の運行状況の確認が出来るよう整備を行いました。
また、各駅の駅放送装置の更新を行い、輸送障害・事故発生時において、お客様へ列車の運行状況を連続的にお知らせが出来る駅放送設備を導入しました。

(7)事故防止のために
視覚に障害をお持ちの利用者による、ホーム転落などの事故が全国的に急増しています。
視覚に障害をお持ちの利用者と認めた場合は、「声かけ・見守り」を行って頂き、万が一危険と思われる場合は、お近くの係員・甘木鉄道までご連絡頂くようお願い致します。
事故防止と安定輸送に、皆様のご理解とご協力をお願い致します。


7.連絡先


安全報告書へのご感想、当社の安全への取組みに対するご意見をお寄せください。
【連絡先】
〒838−0068 福岡県朝倉市甘木1320番地
TEL 0946-23-1900 TEL 0946-23-1111( 甘木鉄道甘木駅)
FAX 0946-22-5628  

E-Mail  info@amatetsu.jp


このページの先頭へ
 
COPYRIGHT (C) 2008 AMAGI TETSUDOU. ALL RIGHTS RESERVED. ホーム お問い合わせ